通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

プロキシマ・ケンタウリ

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:ぷろきしま・けんたうり
外語:Proxima Centauri 英語
品詞:固有名詞
2020/08/28 更新

ケンタウルス座方向約4.3光年にある赤色矮星であり、閃光星であり、太陽系に最も近い恒星である。視等級は約11等であるため、肉眼で観測することはできない。

基本情報

物理的情報

  • 伴星: 惑星あり
    • プロキシマ・ケンタウリb
    • プロキシマ・ケンタウリc
    • プロキシマ・ケンタウリd
  • 規模
  • 年齢: 約50億年
  • 金属性[Fe/H]: 0.21

観測情報

  • 等級
  • スペクトル分類: M5.5Ⅴe
  • 視線速度(RV)=後退速度
    • −22.40km/s(-19.4km/cBeat)±0.5km/s(0.4km/cBeat) (SIMBAD)
    • みかけの後退速度: −22.49km/s(-19.4km/cBeat) (z=−0.000075から計算)
    • 実際の後退速度: −22.49km/s(-19.4km/cBeat) (z=−0.000075から計算)
  • 年周視差(π): 743±1.3mas (SIMBAD)

主なカタログ番号

  • ケンタウルス座V645星
  • HIP 70890
  • GJ 551 (グリーゼ551(Gliese 551))

連星系

α星は実際は−0.01等の主星(αA)と1.33等の伴星(αB)による連星であり、更にそのまわりを暗いプロキシマ・ケンタウリが巡る、三重星の連星系を構成している。

αA+αBに対し、1万天文単位前後の距離を、50万年以上の周期で公転していると考えられる。このためまだ実際に公転している確固たる証拠は観測されておらず、長く議論の対象となっていた。

惑星

これまで、3つの惑星が報告されている。

プロキシマ・ケンタウリbは岩石惑星で、ハビタブルゾーン内を公転しているとされている。温暖な環境とみられ、液体の水が存在する可能性があり、地球に似た惑星とされた。

ただ、他のcとd含め、この主星プロキシマ・ケンタウリは閃光星であるために、この環境で生物が存在しうるのかどうかは不明である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club