通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

オリゴ糖

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:オリゴとう
外語:oligo saccharide 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

葡萄糖果糖などの単糖類(これ以下に分割できない糖)が2〜10個程度結びついたもの(つまり二糖類〜十糖類)の総称。元来は二糖類〜六糖類までを指していた。

二糖類の蔗糖(砂糖)、乳糖麦芽糖も分子構造上はオリゴ糖となる。また乳糖、蔗糖、澱粉食物繊維などに酵素を作用させて作られたフラクトオリゴ糖や、大豆オリゴ糖ラフィノースのように大豆や甜菜(砂糖大根)から抽出した天然成分など、多様なオリゴ糖がある。

オリゴ糖はそれぞれに特徴があるが、ほぼ共通して腸内有用菌の活性化、虫歯の原因になりにくい、低カロリー、といった特徴がある。腸内細菌に対する効果は、胃などで消化されずに大腸にまで達し、ビフィズス菌の栄養源になることによる。

一度に多量摂取すると一過性の緩下作用(下痢)を起こすことがある。

オリゴとは、ギリシャ語の "少ない" の意である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club