通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

H-ⅡAロケット12号機

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エイチトゥーエイ・ロケット・じゅうにごうき
外語:H-IIA F12: H-IIA Launch Vehicle No.12 英語
品詞:固有名詞
2006/11/11 作成
2011/01/18 更新

宇宙航空研究開発機構(JAXA)(かつてのNASDA)により開発されたH-ⅡAロケットの12号機であり、本番 第10号機。

H-ⅡAロケットの第12号機であり、日本の大型液体燃料ロケット第43号機である。

「H-ⅡA・F12」とも呼ばれる。

2007(平成19)年2月24日13:41(@236)に種子島宇宙センター大型ロケット発射場より、打ち上げられ、成功した。

ロケットの仕様

ペイロード(積載物)

気象

ロケット打ち上げ時の天候は晴れ、北東の風5.4m/s(5m/cBeat)、気温15.4℃であった。

計画

悪天候が続き3度延期され、ようやく打ち上がった。

  • 2007(平成19)年2月15日: 当初予定
  • 2007(平成19)年2月16日: 延期一回目
  • 2007(平成19)年2月22日: 延期二回目
  • 2007(平成19)年2月24日: 延期三回目、打ち上げ成功

2006(平成18)年12月25日に、2007(平成19)年2月15日に打ち上げる旨発表された。予備期間は2月16日〜2月28日で、打ち上げ時刻は12:00〜15:00(日本時間標準時)とされた。

しかし2月13日、Y-0において天候悪化が予想されるとして、2月16日に延期の旨が発表された。

そして2月16日、射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲が観測され、回復の見込みがないため延期となった。射点に移動し燃料の充填も終わってからであったため、延期費用は6000万円近いコストが掛かったと見られている。世界最高峰の日本のロケット技術と言えども、自然には勝てないのである。

また衛星の特徴から、特定アジアの工作員が破壊工作をする可能性が高い(関係は定かではないが、情報収集衛星2号機を搭載したH-ⅡAロケット6号機は打ち上げに失敗している)ことから、都度、部外者を排除して再チェックする必要があり、コストが掛かると思われる。

20日になり22日を発表したが、21日になり天候不良が予測されるため、天候回復傾向にある2月24日が新たに発表された。

中継

打ち上げられる情報収集衛星は事実上の軍事衛星であるため、打ち上げに際してネットでの中継等は行なわれなかった。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club