通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

糖アルコール

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・食品添加物編 (NSUBNFA)
読み:とう・アルコール
外語:sugar alcohol 英語
品詞:名詞
2001/03/13 作成
2010/12/10 更新

人工甘味料の一種。糖類水素を付加(接触還元)したもので、糖類が持つカルボニル基還元して得られる多価アルコールの総称。

原料のの違いや製法により、異なる糖アルコールを得ることができる。

非齲蝕性

糖アルコールは齲蝕性が無く虫歯にならない糖であるため、菓子類や清涼飲料水などにも多く使われている。

天然に存在する糖(葡萄糖や果糖など)は大抵炭素6個の鎖に一つずつ水酸基(‐OH)が付く構造をする「六炭糖」だが、キシリトールは炭素5個の五炭糖エリスリトールは炭素4個の四炭糖と、構造が特殊なのが特徴である。

虫歯菌は糖アルコールを通常の糖と同様に食べるが、糖アルコールは消化することができないため、虫歯菌の栄養にはならない。この状況が継続すれば、やがて虫歯菌は「餓死」(あるいは栄養失調死)することになり、即ち「虫歯にならない」わけである。

安全性

安全性が十分に高いため、1日の摂取許容量は定められていない。

但し、大量に摂取すると体調や体質により一時的に緩下作用(下痢)を起こすことがあるため、摂りすぎも考えものである。何事も、過ぎたるは及ばざるが如しと言われ、一般に成人で一日40g程度までが摂取限界量とされている。この量は砂糖と同程度である。

用語の所属
人工甘味料
関連する用語
合成甘味料
アミノ酸系甘味料

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club