通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

AQUOS PHONE ZETA SH-06E

辞書:通信用語の基礎知識 無線電話端末編 (WTELMP)
読み:アクオス・フォン・ゼータ・エスエイチ・ゼロろく・イー
外語:AQUOS PHONE ZETA SH-06E 英語
品詞:商品名
2014/02/26 作成
2016/07/27 更新

NTTドコモの、シャープ製のAndroidスマートフォンNTTドコモ 2013夏モデルのうち、ドコモのツートップではない機種の一つ。

NTTドコモ 2013夏モデルの機種の一つだが、ドコモのツートップから外されたため、殆ど売れなかったとされる残念な機種の一つである。

従って、夏モデルの中では地味な端末である。派手さはないが、おそらく良い機種である。在庫が余ったためか白ROMでの価格がやや安めであることが特徴。

基本仕様

採用されたオペレーティングシステム(OS)はAndroid 4.2でAPIレベル17である。

CPUSnapdragon 600 APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア)
メモリーROM 32Giバイト、RAM 2Giバイト
画面性能1678万色、約4.8インチIGZO液晶フルHD(1080×1920ドット)
タッチパネル静電容量方式、マルチタッチ対応
通信機能音声通話3G:W-CDMA (バンドⅠ、バンドⅤ、バンドⅥ)
2G:GSM (GSM900、GSM1800、GSM1900)
データLTE (バンド1バンド19バンド21)
3G:FOMA(HSDPA・HSUPA)
2G:GSM
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
Bluetooth 4.0+LE (HSPHFPOPPA2DP(aptX対応)、AVRCPSPPHIDPBAPPANHDP、ANP、FMP、PASP、PXP、TIP)
赤外線通信 (注: IrSimpleとIrSSには未対応)
カメラアウト有効画素数約1310万画素(記録画素数約1280万画素)/CMOS
イン有効画素数約210万画素(記録画素数約210万画素)/CMOS
質量約157g(バッテリー装着時)
外形寸法約138×70×9.9mm(最厚部約10.4mm)
接続端子USB 2.0/microUSB、MHL共用 (キャップレス)
ステレオイヤホン端子
ストラップホール(左側面)
カードスロットmicroSDカードスロット(microSDXC 64Giバイトまで対応)
micro USIMカードスロット
バッテリー容量2600mAh
連続通話3G約750分以上
GSM約810分以上
連続待受3G約530時間(静止時)
LTE約460時間(静止時)
GSM約460時間(静止時)
実使用時間約62.5時間
充電時間約220分(ACアダプタ 04利用時)
無接点充電Qi(おくだけ充電)対応
防水IPX5/IPX7

カラーバリエーション

色は3色用意された。

  • 白(White)
  • 青(Blue)
  • 赤(Red)

沿革

添付品

本体以外の添付品。電池パックははめ込み式で、利用者が交換できない。

  • クイックスタートガイド
  • SH-06E ご利用にあたっての注意事項
  • 保証書
  • ドコモminiUIMカード挿抜ツール(試供品)
  • ドコモminiUIMカード挿抜ツール(試供品) 取扱説明書

注意点

  • 卓上ホルダは未対応
  • ACコンセントに差し込む充電器は標準添付されていない
  • USBケーブルすらも標準添付されていない
  • おくだけ充電対応だが、当然ながらQi充電器など添付されているわけがない
  • しかも、おくだけ充電(Qi)対応の充電器は殆ど店頭では売られておらず、ネットでの購入が必須

USB充電器等は別途購入が必要だが汎用品がそのまま使える。

ドコモ標準のmicroUSBを使用する充電器は「ACアダプタ 04」であるが、USB経由で充電すると長持ちしないので、可能ならQiで充電する方が望ましいと言える。

特記点

筐体左下に、ストラップホールが付いている。

日本語入力システムは「iWnn IME - SH edition」であるが、非常に使いにくい。

他の製品、例えば「ATOK passport」などを購入して使用することも可能である。

主要機能

やれることは全部詰め込んだとも言える、全部入りのスマホである。

カメラ

カメラは前面と背面に計2台。背面のカメラがメインカメラである。

メインカメラの撮影サイズは次から選択できる。

  • 16∶9 4K2K (2160×3840)
  • 16∶9 FullHD (1080×1920)
  • 4∶3 13M (3096×4128)
  • 4∶3 3M (1536×2048)
  • 4∶3 VGA (480×640)

エリアメール

エリアメールに対応しており、緊急地震速報などを受信できる。ドコモのSIMを使用している場合はもちろん、IIJmio高速モバイル/D契約のSIMでも受信できる。

エリアメールは自動的に受信して表示されるが、プレインストールのアプリケーション「災害用キット」→「緊急速報「エリアメール」」でも確認できる。

ワンセグ

ワンセグが搭載されている。NOTTVにも対応している。

ワンセグがあるため、NHKの人が自宅訪問した時にやや弱い。

衝撃の事実

これから、衝撃の事実をお伝えする。

まず端末を手に取り、上から見る。右上端が三角になっていると思うが、キャップを開けるような要領で爪で上に持ち上げてみて欲しい。

そう、なんとワンセグ用のアンテナが伸びるのである。

欠点

強いて欠点を挙げるなら、次のようなものがある。

  • 充電に関するものが何一つ標準添付されていない
  • 卓上ホルダでの充電に未対応
  • しかも、家電量販店ではQiの充電器は殆ど販売されていないので、Amazonなどで買う必要がある
  • 微妙に大きく、片手で持っていると親指が端まで届かない

沿革

知られる範囲内。

  • 01.00.00 ‐ 最初のバージョン?
  • 01.00.01
  • 01.00.04
  • 01.00.05 ‐ HDRビデオ撮影に対応
  • 01.00.06
  • 01.00.07

不具合等

初期のバージョンでは、不具合が多く、比較的短期間にソフトのバージョンアップが行なわれた。

開発環境構築

準備

Windows PCとAndroid端末を接続することを想定し、そのために最低限必要なソフトウェアは次の通りである。

自作ソフトウェアの開発、あるいは、いけないこと(謎)をするためには、開発環境構築が必須要件である。

Windows PCとSH-06Eを繋ぐのは、USBケーブルである。製品には添付されていないので、USB 標準A‐microB USBを購入して使用する。

Android SDK

まず、Android SDKをインストールする。これは、開発者向けの環境を、自身のWindows PCなどに構築することを意味する。

  • JDKという、Javaの開発環境をインストール
  • 必要ならEclipseをインストール
  • Android SDKをインストール

USBドライバー

USBドライバーは、シャープの公式サイトからダウンロードできる。

まず、設定→端末情報→ビルド番号を7回タップして開発者となり、次に設定→開発者向けオプション→USBデバッグをONにする。その後USBケーブルでWindowsに繋ぐ。

その後、デバイス マネージャーを起動すると、「ほかのデバイス」に「Android ADB Interface」とあるので、右クリックしてドライバーソフトウェアの更新を選び、先に展開しておいた「SHARP共通ADB USBドライバ」のandroid_winusb.infのあるフォルダーを選ぶと、インストールが開始される。

すると、Android Phoneの下に「Android Composite ADB Interface」が登場し、インストールが完了する。

Windowsからadb shellを実施し、Android側に表示される内容を許可すれば、次からadb shellでログインが可能になる。

root化

SH-06Eでも、root権限を取得することは一応可能である。

ただし、従来よく使われたような一般的な方法では不可能で、難易度とリスクが高い。文鎮化しても、メーカー保証は一切受けられない。

現在は @fi01_IS01 氏によって確立された方法を用い、system.imgを再作成するというアレゲな方法によって、何とか達成できている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club